金の旅 銀の旅 吝嗇の旅

手作りアクセサリーのお店「MoMi」の店長による旅と写真。過去の旅中に書きためた日記、旅中に撮った写真を載せています。

momiのお店へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク - -

モッロコ日記32 旅1番のビッグウェーブ

 

            お土産屋で書いてもらった私の名前。合っているのだろうか。



さぁ、旅の一大イベント、パッキング祭りの始まりです。

お土産購入量とパッキング限界値の熾烈なせめぎあいが繰り広げられるのだ。

貧弱な私のザックは30L。

お土産を入れるには小さく、背負うには重い。

幸いにも整理整頓が得意な私は無事入れおおせて、一足先にテラスへ上がった。

いつものようにおじさんに水(COLD)をもらい、粉ポカリを一袋ぶち込み、日記を付け始めた。

そのうちに相棒Sもやってきて、2人で黙々と日記を書いた。

しかしながら、あまりにお腹が張っていて集中できない。

息苦しく、しんどい。

日記を断念し横になることにした。

(後に残すと追いつけずに大変な数日を送ることになるのに日記を断念したとは、そのしんどさは今思うと察して余りある。)

そのうちに消灯時間になり、テラスの電気が消えた。

あたりはうす暗く、しっとりとした空気の中、フナ広場の賑やかな音が遠くに良く聞こえている。

それがなんとも心地よくて、夢と現を行ったり来たりしていた。

少し眠ったか、眠ってないか。。。。

緊急事態発生。

お腹で警報が鳴り響いている。

トイレーーーーーー!!

その前に紙だ!トイレは共同だが、紙は部屋にある。

部屋の鍵はSのズボンの横のポケット…??うー…

大変申し訳ないが、ぐっすりと眠る相棒Sを起こした。

ついでに紙の在り処も教えてもらった。

テラスの階段を降りて部屋へ向かう。

途中横目にトイレを過ぎる。待っていろよ!トイレ!すぐ行くからな!

あぁー部屋が遠いーーーー!!

実際は5,6Mの距離が長い。

今やお腹はぎゅるぎゅると暴れだして痛くてたまらない。

急げ!私の足!

見るからに大慌てでがちゃがちゃと鍵を開け、手探りで物を落としながら紙を探し出してやっとのことでトイレへ。

はぁ…危なかった。
痛すぎてもう無理かと思った。。
完全に下しているし、一体何に当たったんだろうか…

などと自分をごまかすためにわざと頭を悩ましてみたが、やっぱり痛いもんは痛いー!

トイレと同じフロアにある部屋に戻り、暑いベッドの上にうずくまりながら息も絶え絶えに薬を引き寄せて飲む。

テラスは涼しいからお腹が冷えるかもしれない。

薬もそんなにすぐ効くわけはないし、胃薬はあれど腸の薬はない。

Sを起こしに行って、薬をもらう元気もない。。。

とにかく痛みから早く解放されたいので鎮痛剤、それから胃薬と抗生剤という出来る限りの薬を取りこんだ。

薬が効くまでとにかく待つしかない。

汗だくになって痛みにもんどりを打ちながらただひたすら時の経過を待った。

痛みと暑さで意識が朦朧とする。。。。

ハッと意識を取り戻したのは、5時前だった。

体がどっと疲れている。

少し落ちついたのでそっとテラスに戻りもう少し眠ることにした。

ナイフみたいに鋭い月が見えた。きれいだ。

ファティマ様…我を助けたもう…


…続く


photo by MoMi - -
<< モロッコ日記31 嵐の前の呑気な食事 | main | モロッコ日記33 いざ次の町へ >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク - -









http://momiasia.jugem.jp/trackback/47

※このブログの読み方

‘匹澆燭の更垉をまず選ぶ↓

見出し写真から記事へいく↓
(より数字が大きいページの右下の写真が一番最初の記事)


↓こちらをクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


↓MoMiのむしくいピアス


MoMiのお店へ
      Recommend
現在地
日本です。 8年も前の出来事ですがのんびり更新しております。

このページの先頭へ