金の旅 銀の旅 吝嗇の旅

手作りアクセサリーのお店「MoMi」の店長による旅と写真。過去の旅中に書きためた日記、旅中に撮った写真を載せています。

momiのお店へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク - -

モロッコ日記34 イライラの日



                       客引きと揉めたホテルの部屋


客引きに連れてかれるがまま見に行ったホテルが結構よかったのでそこに泊まることにした。

またダブルベッドにふたりでコロンだ。へへへ。

きれいだしかわいらしいし悪くないな、なんて眺めてると客引きが話しかけてきた。

何だまだいたのか。何の用だ?なんて思ってると、客引きがコミッションをくれとか言ってきた。

聞いてないしー!見るだけって言って連れてきたくせに!

ていうかそれって普通ホテルの人にもらうもんじゃないのか!

と様々な文句が浮かんできたけれど、一応いくらか聞いてみた。

高くなければ払ってもいいかなと思って。

するとコーヒー一杯分ぐらいでいいと言う。

コーヒー飲まないし、現地民価格のコーヒーの値段も良く分からない。

具体的に聞いたら、20DH。。。

恥ずかしげもなく、よくもまぁいけしゃあしゃあと。

20DHといえば250円だ。

どこでどんなコーヒーを何杯飲む気だ。

なおもしつこく言ってくる客引きにイライラ…

あまりの図々しさに憤慨し、一階にいたホテルの人にすごい剣幕で告げ口する。

そしたら払わなくていいって。良かった。

ホテルの人は一階を自宅として住んでいるようなので、いい人そうで良かった。

そしてこいつがホテルの人じゃなくてよかった。

聞かれたときにささやかな金額を言えばもらえてたかも知れないのに。

ビジネスを甘く見てはいけない。

そんな道理はまかり通らないのだから。

そんな悪態をつきながら3時前に外出。

もう旅も終りが近い。

カサブランカまでのチケットを確保しよう。

CTMは夜行しかないようなのでスュープラトュール(?)というマラケシュでタクシーのおじさんが教えてくれたバス会社に行ってみることに。

15時OPENとあるのでしばし待つことに。

ものすごい強風と砂。目が痛いし、しかも寒いのだ。

15時になってもちっとも来ないし、イライライライラ…

待ってる人も結構多くなってきた。

きっとみんなイライラしているに違いない。

そして15時半、やっとやってきたのは何ともふてぶてしいおやじだった。

私たちより前から待っていた白人の人といきなり口論。

1人目から・・・・

そして私たちの話もあっさりと流されてしまった。

直通がいいならバスターミナル行けば?みたいな感じで。

んなくそー!!何のために待ってたんだ!腹立たしい。

なんだかここへきてからあまりいいことがない。。。

どこがいいのだ、この寒い町の。

とぼとぼとバスターミナルへ向かう。

バスターミナルも地味に遠くてもう嫌だ。。

それにしても夜行のCTMと昼の民営バス、果たしてどっちがいいんだろう。

どっちにしてもバスはバスだ。

つまりお尻が四角になるほど痛いことには変わりないのだ。

もうそろそろ限界のお尻。

さて、ターミナル到着。

民営バスは結構あるみたい。

外にバスの車両状況を確認しに行ってみるが、やはりどうもキツそう。。

夜行のCTMにするかーと中に戻りかけたちょうどその時、誰かに呼ばれた気がして振り返った。


…続く
photo by MoMi - -
<< モロッコ日記33 いざ次の町へ | main | モロッコ日記35 全てのイライラはこの時のために >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク - -









http://momiasia.jugem.jp/trackback/49

※このブログの読み方

‘匹澆燭の更垉をまず選ぶ↓

見出し写真から記事へいく↓
(より数字が大きいページの右下の写真が一番最初の記事)


↓こちらをクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


↓MoMiのむしくいピアス


MoMiのお店へ
      Recommend
現在地
日本です。 8年も前の出来事ですがのんびり更新しております。

このページの先頭へ