金の旅 銀の旅 吝嗇の旅

手作りアクセサリーのお店「MoMi」の店長による旅と写真。過去の旅中に書きためた日記、旅中に撮った写真を載せています。

momiのお店へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク - -

モロッコ日記35 全てのイライラはこの時のために

 
振り返るとそこには、なんともまぁ素敵なカップルが。

そうです、今はもうすっかり忘れていたけれど、フェズで4人部屋をシェアした私たちの勇気の証のあのカップルです!

顔を見た瞬間にわー!っとなり、声をかけてくれた嬉しさも手伝って、鬱々としていた気分が一気に晴れ渡った。

何してるのー?!偶然!と言い合い(実際には言えてないけれど、そんな気持ちと表情で)、とりあえず先にバスのチケット買ってくることを伝える。

突然の嬉しい偶然にやや茫然としながらもニヤつきながらチケット購入。

バスのことはもうどうだっていい。

飲み物を買って2人の元へ。

レモネードで媚びへつらう私たち。

今からマラケシュへ戻って、そのままスペインに行くそうです。

あとは屋台のOJ(オレンジジュース)がおいしいだとか、日本語の新聞って売ってないよねとか、中身のない会話を片言の英語でした。

言ってることはなんとなくわかるのに、気のきいた返事のひとつもできなくて次第に居たたまれない気持ちになってきた。

ものすごく気を遣って喋ってくれている…すみません。。。

なんて気まずいんだろうか。

こんなにも英語を必要としたことがかつてあっただろうかという程、申し訳なく肩身が狭かった。

これ以上、悪い思い出にするわけにはいかない。

というわけで、再会の記念に写真を撮って、会えてよかったと別れを言った。

そんなわけで、忘れてはいたものの、この旅でかなり感じの良かった2人に旅の終盤で再会できた。

ファティマ様…ありがとうございます。。

悪いこと(腹痛など)の後には、良いことがあるものですね。

スュープラトゥールのおやじが横暴でチケットが取れなっかったことも、気分転換に行こうとしたカフェがなくて諦める羽目になったことも、そのせいでふらふらとバスターミナルまで来なきゃならなくなったことも、全てはこの再会のために。

とかなんとか浮かれた気分でメディナへ向かいます。

さぁ!展望台へ海を見に行こう!

ガイドブックの地図を見て向うったのだが、迷いに迷った。

どう考えてもこの地図おかしい。

地図を描いた人も歩きながら迷って描いたせいでこんなことになっているんだろう。

仕方がないので、人に道を聞きながらなんとか海へと到着した。

うへ―!海だー!!海の匂い!そしてカモメがいっぱい!!!

うーん、風も気持ちがいい!



…続く
photo by MoMi - -
<< モロッコ日記34 イライラの日 | main | モロッコ日記36 涼しい…寒い…いや極寒だ・・・ >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク - -









http://momiasia.jugem.jp/trackback/50

※このブログの読み方

‘匹澆燭の更垉をまず選ぶ↓

見出し写真から記事へいく↓
(より数字が大きいページの右下の写真が一番最初の記事)


↓こちらをクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


↓MoMiのむしくいピアス


MoMiのお店へ
      Recommend
現在地
日本です。 8年も前の出来事ですがのんびり更新しております。

このページの先頭へ