金の旅 銀の旅 吝嗇の旅

手作りアクセサリーのお店「MoMi」の店長による旅と写真。過去の旅中に書きためた日記、旅中に撮った写真を載せています。

momiのお店へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク - -

モロッコ日記36 涼しい…寒い…いや極寒だ・・・


風が気持ちいいと思ったのは一瞬だ。

いくらなんでも強すぎやしないかい、という感じ。

そして感じの悪い若者たちが、私たちを見て「中国人〜♪」と歌まで歌いながらからかっている。

若者特有の集団のときに発揮される悪いノリを感じたので、一瞥もせずに聞こえていないふりで通り過ぎる。

そして何か食べましょうということで、広場に出た。

時間が中途半端だったこともあり、目星をつけいていたお店がやっておらず向かいのお店に入った。

広場を囲むようにレストランがいくつもあるのです。

魚はありますか?と尋ねるとメニューを指して教えてくれるのだけれど、なにぶんフランス語なので魚ということしかわからない。

調理法も魚の種類もわからずにどうやって選ぼうか。。

ほぼ分からないと知りつつも、何の魚ですか?と尋ねるとものすごく困った顔の店員さん。

そりゃそうだろう、と思っていたら店員さんが私たちを厨房まで入れてくれて魚を見せてくれた。

想像以上の親切というかサービスに気分は上々だ。

その後も含め彼の仕事に対する真摯な態度は私たちをとても快くさせた。

懸命に働く人っていいなぁと思う。

私も文句ばかり言ってないでちゃんとしよう。

と、とりあえず反省はこのぐらいにして、注文だ。

鯛っぽい魚と、クリームなんとかスープっていうのを頼んだ。

なんとかの部分が望まないものだったらどうしよう。

例えば、「冷製」とかだったら…

というのも、ここエッサウィラは涼しいを通り越して今や寒くて仕方ないのです。。

それなのに海の町の開放感からか、レストランは広場にテーブルを並べている外形式。

寒い...なんて寒いんだ…いよいよ体が芯の芯から冷えてきた。

がたがたと体が震えるほどの寒さ。

こないだまであんなに暑いかったのに、体がおかしくなってしまう!

そんなこんなで、スープ(温かいの)を待ちわびる私たち二人なのでありました。


…続く



アクセサリー MoMi もよろしくお願いします。
photo by MoMi - -
<< モロッコ日記35 全てのイライラはこの時のために | main | モロッコ日記37 DEAD OR ALIVE >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク - -









http://momiasia.jugem.jp/trackback/51

※このブログの読み方

‘匹澆燭の更垉をまず選ぶ↓

見出し写真から記事へいく↓
(より数字が大きいページの右下の写真が一番最初の記事)


↓こちらをクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


↓MoMiのむしくいピアス


MoMiのお店へ
      Recommend
現在地
日本です。 8年も前の出来事ですがのんびり更新しております。

このページの先頭へ